クルマを持つあなたならばご存知だとは思いますが自動車税が徴収されます。そしてこれは手放す所有車買取時に当たり前に返還されるのです。こういった内容は実際実行したら直ぐに頭に入ってくると思いますが、一つずつ順番に簡易的に案内していきます。事前に注意書きさせて頂けば、日本で生産されたクルマのみに限らず外車等も戻ってくることに決まっています。当然ですが中古車についてもそうです。自動車税というのはクルマを持つ人が支払い義務を負うものですが、それぞれの排気量の大きさにより決定されます。1リッター以下のであれば29500円で1リッターから1.5リッターまでなら34500円になります。これ以上は500ccずつ5000円増えます。そしてこれは4月1日現在ので車を保有している人が以後一年分のお金を納付する事になっています。ということは前払いになるということですので、勿論ですが車を買取してもらって、所有権がなくなった際などは先に払った分の税金は還付されるということです。税というのは事前納付でその年度の税額を支払うのでその翌年3月までの間にクルマを手放したときは入れ替わった所有者が自動車税の納付義務を負うということになります。売却相手が中古車買い取り専門店であれば、買い取り時に先払いしている分の税金を返還してくれます。まとめると、所有権が移った日以後の税金は新しい所有者が納税義務を負います。もし10月中に車を引き取ってもらったケースでは11月から来年3月中までの払ったお金は戻ってくるのです。それは前述した通り自動車税というのは前払いであるという決まりから来ています。まとめると、前所有者は売却相手に払いすぎたお金を返してもらうということなのです。個人的に車を買い取ってもらうときに意外とこうしたことに気付かない方が見受けられるためぜひ忘れないようにしなければなりません。自動車税がクルマの売却で返ってくることをほとんど知っている人がいないからと言って、その状況を言わない買取業者も存在します。自分から自動車税についての話題を出さなければ自動車税のことに触れないという場合も頻繁に聞きます。そのため車の買取をするさいには払いすぎた税金が返ってくるかどうかを確認することを怠らないようにしなければなりません。