クレジットカードを店で使用する時誰しも経験があるのではないかと思いますがレジの担当者がわかっていないためにどの明細をカード利用者へ提示するのか迷うときがある。といいますのも、クレジットを利用すると、の方から使用明細というものが出されるためでそれらのどの明細を利用者に対して渡すべきなのか判断できないというケースがあるのです。数枚の利用レシートの説明●それではこの複数のレシートの内容は何なのかということについてまとめると下の内容になります。1利用者に渡す用の使用レシート。2店舗控え用の明細レシート。3カード会社控え用のレシート(記名を行う明細)。普通はお客さんに対して渡す用の明細レシートの方を受領するはずなのですが時には、店舗控え使用レシートをお客様の方に勘違いして渡すという場合や、記名した側の紙自体を渡してしまうというというパターンすらあります。このようなケースはパート従業員であったり、いつもカードが利用されるケースの少ない店舗で会計する際クレジットカードを提示するとそれらの店舗従業員の困った姿というものが体験できるでしょう。いつか店舗スタッフが誤った方の紙を渡そうとしてきた時には親切に「これは違いますよ」と正してください。