多様にあるお金の借入れの手続きの観点から見てみると、その審査もまた多様にあるとことが考えられます。ひとくくりにお金の借入れと口々にいっても、金融機関であったり大手のものであったり、また独立系のものなどが存在し多様です。それをチェックした場合、自然に、審査項目がゆるい会社その逆の厳しい会社と、はっきり分かれます。併せて借り入れる会社は、3社が判定の基準と言えます。キャッシングをしている業者が3社以内で、お金の借入れ金額が収入の3分の1以下であれば、銀行であっても審査項目に通る可能性は高いといえます。金融機関はおおかた借りたお金に対しての利子が少なめに設定されていますので、活用するということであれば銀行がベストです。キャッシング件数がもしも融資を受けている件数が四件を超えている時は、銀行は難しくなるといえます。ですが、2006年からできた制度の出資法や貸金業規制法などの法の改正により、利息が下げられ、銀行系では審査が通りづらい方向にあるのです。金融機関系でも、さらに審査に対しては慎重になるということです。手続きの簡単な会社とうわさのキャッシング会社でも、なりふり構わず審査依頼するればよいというわけでもないはずです。仮に、事前にその会社に当たって情報を調べずに申込みをして、手続きをパスしなかった場合、その情報は個人信用情報機関に保存されてしまいます。信用情報機関に保存されるスパンは3ヶ月から6ヶ月なのです。その間、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうことになります。汚れたからといって直に借りられないというわけでもないのですが、その個人情報を参照する企業の手続きには、当然なんかしらの影響があるはずです。割に甘いといわれる手続きを持つ業者でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることにより融資を受けられなくなる場合も発生する可能性がでてきます。