民事再生という方法は住宅ローンなどを含む多重の債務に悩んでいる利用者に対して、住んでいるマンションを手放さずに金銭管理の面で再生するための法的機関を通した債務整理の選択肢として平成12年11月に適用されるようになった法律です。ハーブガーデンシャンプー

民事再生という制度には、自己破産制度と違って免責不許可となる要素はないために賭け事などで借金を作ったような場合も問題ないですし破産宣告をすることで業務禁止になってしまう立場で収入を得ている方でも制度の利用ができます。

破産の場合だと住宅を残すことは不可能ですし任意整理と特定調停では、借金した元金は完済していかなければなりませんので住宅のためのローンも支払いながら完済するのは実際のところ困難だと考えられます。

しかし、民事再生という処理を選ぶことができれば住宅ローン等のほかの借金は相当な負債を圧縮することも可能ですので十分に住宅のローンを返しながら残りの債務を返済し続けることが可能ということになります。

でも、民事再生という手段は任意整理による処理特定調停といった処理とは異なって特定の借り入れだけを省いて手続きをすることは許されていませんし、破産申告においてのように債務それ自体なくなるのではありません。

別の選択肢に比べて若干めんどうで負担もかかりますのでマンション等のローンが残っていて住んでいるマンションを手放すわけにはいかないような状況以外で自己破産等のその他の方法がない場合における最後の解決方法とみなした方がいいと思います。